クロネコヤマト 引っ越し

体験談から学ぶ引越しのポイント

Aさん:

 

とにかくものを少なくしています。

 

生活をしているとどうしても不用品が増えてしまって、引っ越しは断捨離する良い機会だと思っています。

 

「使わないかもしれない…」と思うものはリサイクルショップへ。
古くなった雑誌や、あまり来ていない服は引き取ってもらうことにしています。

 

また、新居には合わないだろう…というものや古くなってきた家具も思い切って買い換えています。

 

そのため、取り替えることを見据えて使いまわしができるプチプラのものをいつも購入。

 

引っ越し代の節約と、お小遣い稼ぎと一石二鳥です。

 

他にも、どの家に引っ越しをしても家具の置き場に困らないようにするためにも、大きな箪笥は買わずに小さな引き出しを自分の好きなように組み立てられるものを使用しています。

 

(クローゼットケースのような)引っ越しの際は段ボールに詰めずにそのまま移動できるし、引っ越し先のサイズに合わせて組み換えできるのでとっても便利です。

 

Bさん:

 

早め早めに準備をはじめることが大切。

 

そしてとにかく断捨離をすることが大切。

 

洋服や食器、書籍など半分以上は捨てるつもりで準備をすべき。

 

書籍は段ボールに詰め込むと重たくて後々大変なので、ひとつの段ボールに書籍ばかりを入れないほうがよい。

 

また、重たくて移動も大変だし重ねることもできないので書籍など重たい物は引っ越し準備の早い段階でやるべき。

 

案外、紙類は重たくなるので注意。

 

業者によって、キャビネットやデスクの引き出しは、しっかり養生テープで開かないようにしておけば中身を空にしなくてもOKな場合もあるので確認すべき。

 

段ボールやガムテープは多めにもらい、余ったら返却をするつもりで。

 

4人家族で100箱くらいは使用する可能性があると考えておくべき。

 

 

Cさん:

 

日用品や雑多なものは自家用車で運びます。

 

近郊の引っ越し時は少しづつ運んで移動します。

 

大切なもの(作品・壊れ物)や大きなもの(家具・家電)はその時々で業者か知人に頼んで運んでもらいます。

 

たいしたことない物(消耗品・衣類・食器など)はその場で処分(人にあげるか捨てる)か寄付します。

 

年を追うことに物が増えるのですが、賃貸の場合は適度に処分しながら生活をして、あまり物を増やさない方がいいかと思います。

 

エアコンなどは新しくても置いていく方が、取り外す手間やガス抜きでの破損など、何かと大変なのでそのままで明け渡しました。

 

ただ、管理業者によっては置いていくと逆にお金を要求されるので、処分代と照らし合わせて好都合のほうを選択したらよいと思います。

 

 

Dさん:

 

小さい頃から県内ですが、転勤が多く数年ごとに家族で引っ越しをしていました。

 

コツは今後使わないかもしれないものは持っていかないことだと思います。

 

引っ越しを機に、買い換えようと思っていたのを買い替えたり、不要なものを処分したりと荷物を整理するきっかけにしたら良いと思います。

 

家を建ててからは、父が単身赴任をするようになり、その手伝いを何度もしましたが、荷物はいつも必要最低限でした。

 

あれもこれもと持って行っても結局使わないことが多く、そのまままた次のところへということもよくありました。

 

特に転勤族の方は、引っ越しの度に荷造り等大変だと思うので、荷物は日頃から極力少なくするように心掛けていた方がいいと思います。

 

 

Eさん:

 

今は段ボールをもらえるのでそこに何が入っているか明記出来るようになっていたりしますが、ない場合は段ボールには必ず何が入っているか明記し、業者に方がわかりやすいようにどこに運んでもらうかも明記しておくと良いです。

 

貴重品、小物、女性の方はインナー等の大切なものなどは大きなボストンバックかトランクなどを用意し、当日、もしくは退去時までに必ず自分で運ぶ。

 

退去にしろ、入居にしろ、階段、エレベーターの有無は必須です

 

あとは引越時や入居場所のドアのサイズ、どのような構造か、どのように運ぶか、解体するべきものはあるぼか等もを事前にしておくとあとで困らなくていいと思います。

 

何が必要で何が必要でないか確かめ、不動産屋さんや公共料金などの手配も早めにしておく。

 

また廃棄するものは自治体によって違うので事前に調べておく。

 

 

Fさん:

 

私はいつも衣類などを箪笥にしまうのではなくカラーボックスにしまっているのですが、カラーボックスであれば引っ越しの際もそのまま運べますので、衣類を入れたままでも搬出しやすいので手間が省けると思います。

 

箪笥だとどうしても衣類を入れたままだと重たくなってしまうので、一人で動かすことが難しいです。

 

カラーボックスであれば一人でも動かすことができるので自分一人でも作業ができます。

 

カラーボックスなら重ねておけるのでスペースも有効利用できると思いますよ。

 

 

Gさん:

 

見積もりもわかりやすく金額をはっきり事前に知らせてくれたので助かりました。

 

作業者は爽やかに挨拶して下さり、大変な作業も嫌な顔せずてきぱきとやってくれました。

 

クロネコヤマトの良い点は、ハンガーにかけてある洋服を段ボール詰めせずに済むような段ボール制の簡易クローゼットをいくつか貸し出ししてくれたことです。

 

これにより引っ越し先での収納も早く終わったし助かりました。

 

他にもタンスやピアノを二階のベランダから宙づりして下ろす作業を急遽行うことになったのですが、抜群のチームワークで傷付ける事無く運び出してくれました。

 

古いエアコン引き取りサービスも有り難く、不満な点は一つもなく無事に引っ越しすることが出来ました。

 

またクロネコさんにお願いしたいです。

 

スムーズに引っ越しを行う為には事前の準備が重要だと思います。

 

私は賃貸に住んでいたので引っ越し後の掃除をしなくてはなりませんでした。

 

敷金の範囲で精算が出来るように気になる汚れは三ヶ月前より清掃し、引っ越し後も家族と手分けして室内の掃除をくまなく行いました。

 

壁紙もメラニンスポンジでこすり手あか等の汚れを落とします。

 

水回りもカビや水垢を念入りに除去し、最後の不動産との立ち会いの際には驚かれるくらい奇麗になっていました。

 

そのかいあって敷金も一分戻ってきたし気持ちがよい引っ越しになったのです。

 

引っ越し日プラス5日くらいは不動産との契約を残しておくと慌てずゆっくり清掃できると思います。

 

忘れがちな公共料金の精算も少し長めにしておくと安心です。

 

関連ページ

私の引っ越し失敗談
梱包に関するお役立ち情報
引越しのコツ大公開
引越し見積もりの極意
ある方法を使えば、クロネコヤマトの引っ越し料金を半額まで下げることができます。詳しくはこちらで解説しています。