クロネコヤマト 引っ越し

私の引越しのコツ大公開

 

クロネコヤマト 引っ越し

 

引越したその日のための準備

 

引越しをすることになった際は、荷物を纏めたりたくさんの手続きをする他に新居の為に多少新居用の生活準備をしたほうがいいです。

 

理由は、引越ししたばかりではバタバタとしているのに土地勘がなくお店がどこにあるかわからないから。

 

最低限、すぐに使うものは契約した日に購入しておいてもいいでしょう。

 

特にゴミ袋のようなその土地でのみ使うものは引越し当日にすぐ必要になります。

 

そのほかにも、引越し翌日の為の軽食は引越し前日か当日までに買っておいた方がいいです。

 

だいたい引越し当日は寝床を確保するまでで精一杯になってしまいます。

 

もし、離乳食時期のお子さんがいらっしゃる方はなら離乳食を購入してファミレスへ行きましょう。

 

実は頼めば温めて出してくれるんですよ。

 

 

チップは効きます!

 

狭い所から広い所に引っ越しする場合は問題ないですが、広い所から狭い所に引っ越しする際は、事前の荷物の整理が必須だと思います。

 

私の場合、2DKからワンルームに引っ越しする際に150キロの粗大ゴミを出しました。

 

最初100キロ捨てて、これで大丈夫だと思い、荷物を搬入してみると、荷物で溢れかえってしまいました。

 

その後、追加で50キロの粗大ゴミを出す羽目になり、2度手間になってしまいました。

 

荷物が入るかどうかの事前チェックは業者任せでなく、ご自身でなされる事をお勧めします。

 

大切な家具を手放すことになりかねないです。

 

また、業者の搬入に対して、最低限、車が停車出来そうな場所を事前に確認して、案内して上げると、業者側の負担はかなり軽減し、作業効率も上がると思います。

 

また、作業員に対して、先にチップを渡すと動きがとてもよくなると思います。

 

特に午後などは、2件目の引っ越しでこれが終われば業務終了となるので、チップを先に渡すと水を得た魚のように良い動きになると思います。

 

 

早め早めが大切です

 

引越しのコツは、とにかく物を減らすことだと思います。

 

そのために、引越しが決まったらすぐに物減らしを始めます。

 

私の場合、必需品以外のものはすべて、まずはリサイクルショップへ持って行きます。

 

リサイクルショップに出せないようなものや引き取ってもらえなかった物は、こつこつゴミの日に捨てたり、まとめてゴミ処理場に持って行きます。

 

物が減れば掃除もしやすくなります。

 

ひまを見つけて、普段掃除していないたまった汚れを少しずつきれいにしていくと、後がらくです。

 

物を減らしてだいたい引越しの荷物の量がわかってきたら、はやめにネットで業者を探すとよいでしょう。

 

早めに予約することで割引が受けられることもあります。

 

とにかく最大のコツは早め早めに行動することですね。

関連ページ

私の引っ越し失敗談
梱包に関するお役立ち情報
引越し見積もりの極意
ある方法を使えば、クロネコヤマトの引っ越し料金を半額まで下げることができます。詳しくはこちらで解説しています。
体験談から学ぶ引越しのポイント
ある方法を使えば、クロネコヤマトの引っ越し料金を半額まで下げることができます。詳しくはこちらで解説しています。