クロネコヤマト 引っ越し

梱包に関するお役立ち情報

 

クロネコヤマト 引っ越し

 

引っ越し用の段ボールをスーパーなどで無料で調達し、節約する…といった話を聞きますが、私はお勧めできません。

 

ああいったところの段ボールには、肉眼では確認できませんが虫の卵などがついていることが多いためです。

 

せっかくの新居に虫を連れて行き、後々駆除に時間とお金と精神的疲労がかかることを考えれば、段ボールは新しいものを用意した方がいいですね。

 

段ボールを引っ越し業者から買う場合は、多めに見積もるのもコツです。

 

使わなかった分は引き取ってくれますし。

 

本など紙類は結構重いので、小さい箱に詰めたほうがいいでしょう。

 

梱包材を節約するには布類が大切です。

 

タオル等をビニール袋に入れ(汚れ対策)、箱の隙間に詰めれば梱包材はかなり節約できます。

 

当たり前かもしれませんが、新聞紙はとても重宝します。

 

食器を包むだけでなく、鏡を磨いたり窓を磨いたりたくさん活躍してくれます。

 

ガラスや窓は洗剤がなくても新聞紙でピカピカになるので経費削減にもピッタリ。

 

経費削減で一つ注意したいのが、ガムテープ。

 

ガムテープは紙のテープと布のテープがあり、紙のテープのほうが安いのですが、紙のテープだと段ボールを持ち上げた時に底が抜けてしまうので、多少値がはってもガムテープは布のテープにするのをオススメします。

 

そして、引越しは小さいものがどこかにいってしまうのが心配ですが、洗濯ネットに入れておけば、中身も見えるし引越し後はお洗濯に使えるので一石二鳥でオススメです。

 

特にブラジャーをいれるネットが丈夫でいいですよ。

 

自業自得ですが、トイレットペーパーを購入したときの柔らかめのダンボールに、本や漫画をびっしり詰めてしまい、ダンボールを移動させる途中で底が抜けて、やる気と気力も抜けた事が何度かあります・・・。

 

確かに物の種類毎に詰めた方が引っ越し先で物を出す時には楽なのかもしれませんが、ワレモノとクッションやぬいぐるみを一緒に詰めたり、衣類のダンボールの中にDVDを詰めたりしてみると、壊れやすいものが着いたとき悲惨な状態になっている心配もなくて良いかと。

 

包装材の節約にもなりますしね。

 

あとはダンボールに番号や内容物、ワレモノなどの記載を必ずすることです。

 

業者さんへの配慮も忘れずにするとお互い気持ち良く引越し作業が出来ますし。

 

引っ越しの荷物はどの箱に何が入っているかをできるだけ細かくリストにしておいたほうが荷解きの時に便利です。

 

荷物を自分で梱包する場合、私は割と大雑把な性格なので、初めのうちは分類して箱詰めしていても、最後の方になると「空いてるからいれちゃえ」という方式で何でもかんでも詰めてしまいます。

 

そうすると、何となく入れたものが見つからなってしまうことがあります。

 

結局買い直しになることも。

 

なので、少し面倒ですが、服・本・食器といった大きな分類だけでなく、「箱1:漫画(タイトルと巻数)、文具、工具、ガムテープ…」という風に、具体的に何が入っているかをメモしておくと、荷解き作業が効率的にできます。

 

メモは箱の横にメモ帳を置いておいて、ものを入れる時にチョコチョコ書き込むと良いです。

 

本は小さい箱に分けていれる。

 

引っ越しの荷造りはあまり早くから始めると必要なものまでしまいこんでしまうことがあるので、できるだけ短期間にささっと行う。
割れ物は、タオルや洋服類と一緒の段ボールへ!割れません。

 

新聞紙も必要ないので、引っ越し先での片付けが少し楽になります。

関連ページ

私の引っ越し失敗談
引越しのコツ大公開
引越し見積もりの極意
ある方法を使えば、クロネコヤマトの引っ越し料金を半額まで下げることができます。詳しくはこちらで解説しています。
体験談から学ぶ引越しのポイント
ある方法を使えば、クロネコヤマトの引っ越し料金を半額まで下げることができます。詳しくはこちらで解説しています。