クロネコヤマト 引っ越し

私の引っ越し失敗談

 

クロネコヤマト 引っ越し

 

追加料金発生(30代・男性)

 

あれは一人暮らしをしてから初めての引越しでした。

 

20歳そこそこで危機管理意識の薄い、基本のんびり屋の僕は、「まーなんとかなるでしょ」という意識の持ち主のため、引越しというものを完全に舐めきっていました。

 

なんとなーくちょこっとずつダンボールに詰めたりしながら、「でも前日まではこの部屋に住むわけだし」となかなか進まない状態で迎えた当日。

 

案の定、そんな僕を待っていたのは業者が来ても梱包が終わってないという、業者泣かせの大惨事でした。

 

無理くりダンボールに包んで「なんとかなったー!」と思ったのも束の間、積載オーバーの追加料金発生。

 

泣く泣く代金を払って、次回こそはもっと早く準備しようと心に決めた大失敗の体験談でした。

 

なによりも、「使わないものは徹底的に処分!」これはかなり大事です。

 

梱包しながら「これいらないなー」と思うものの、なんと多いこと。

 

荷物が少なければ代金も安く済みますし。

 

そして2番目に「今すぐ使わないものは早めに梱包」これも大事です!

 

もしかしたら使うかも、と思っちゃうんですが断言します!

 

「そんなもの使いません!」片付けてください。

 

そして最後、「前日までは全て終わってること」これくらいの心持ちでいないと、まず失敗します。

 

のんびりホテルに泊まるくらいの気持ちの余裕を持ってください。
それがきっと成功への第一歩です。

 

なんでも早め早めで損はありません。

 

ギリギリにやればなるほど追加料金だなんだかんだで余計なお金がかかります。

 

ぜひ快適な引越しを。

 

家具が入らない!(20代・女性)

 

私の場合では徒歩5分ほどの距離だったので、すごく楽に引っ越しができました。

 

失敗したなーっと思ったのは、父が購入してたとても大きなテレビとソファー、机、私の電子ピアノがどこの入り口からも搬入できないとの事でした。

 

入り口の大きさを確認せずに購入したのはまずかったですね。

 

一度ベランダの窓をとりはずしてクレーンで搬入という大掛かりなことになりました。

 

クロネコヤマトの方はとても親切で様々なサポートをしていただきました。

 

荷物の丁寧な搬入はもちろん、別で通販で頼んでた商品の組み立てまでしれくれて感動しました。

 

家族皆組み立て苦手だったので感動しました。

 

一つだけ、残念だった事は、荷物搬入の際に壁に大きく傷が入ったことでした。

 

新築家屋だっただけにそこはショックでしたね。

 

だけど、その後の対応もていねいだったので大満足でした。

 

個々で一つ引っ越しのコツを。

 

引っ越し業者の方がわかりやすく、後々片付けも楽になる方法です。

 

ダンボールの全面にどこの階なのか何が入ってるのかをしっかり書くことです。

 

どこに治すのかも分かっているとすごく早く終わります。

 

あとは事前にご近所の方々に挨拶をすませておくことです。

 

一度引っ越しした時に挨拶をせずに作業をして叱られたことがありました。

 

物音に腹を立てて注意されました。

 

2回目の時は事前に日にち、時間とう、知らせておくととても好印象でよかったです。

 

以外と重要なのは引っ越しが終わってから、早く片付けをすませてしまうことでした。

 

疲れてるから、と放っておいてなかなかゆっくり生活ができない、新しい新居を楽しめない、とならないように、早めに片付けるべきだとおもいました。

 

関連ページ

梱包に関するお役立ち情報
引越しのコツ大公開
引越し見積もりの極意
ある方法を使えば、クロネコヤマトの引っ越し料金を半額まで下げることができます。詳しくはこちらで解説しています。
体験談から学ぶ引越しのポイント
ある方法を使えば、クロネコヤマトの引っ越し料金を半額まで下げることができます。詳しくはこちらで解説しています。